スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平凡な日々

別に、これといって、最近は大したことは起こっていないのだが、とりあえず、「キャラクター小説の作り方」という本を読み終わった。
あと、昨日は本屋さんで「ツイッター 140文字が世界を変える」という本を立ち読みで読了!800円ういた。
ツイッターは俳句とかの可能性や、ブログの代替物としての可能性があって、面白そうだと考えていた。この本もそっち関係の可能性も述べているのだが、ツイッターの最大の強みは、「不特定多数の人たちで共有する今という感覚」であるらしい。
確かにそうなのかもしれない。
著者によると、この今という瞬間を共有しているという感覚こそがグーグルですら達成できていないデータなのだそうだ。
だから、ここらへんに、新しい可能性があるという議論には説得力があった。
ツイッターのこれからどんどん面白くなりそうだ(ちなみに、このツイッターの本のレビューはアマゾン・レビューにも書いたので、興味のある人はそっちも覗いてみてください。同じようなことしか書けてないけど)。

まあ、そういうことで本ばかり読んでしまっているが、アニメも一生懸命消化中。
とりあえず、鋼の錬金術師の新しいバージョンの放送分に追いついた。で、漫画も大体読んだから、それなりに世界観も把握できてきたし。日増しに、鋼の錬金術師が好きになっていく。

今、新しいブログの形を考え中。
昔、ガンダムのキャラを使って会話形式でいろいろなトピックを話しているブログがあったけど、それがすごく面白かったんだよねー。ガンダム語録って奥が深いから、それを使うだけでも会話成り立つってのもあるんだけど。
で、今、考えているのは、同じような会話形式のブログを、鋼の錬金術師のキャラを使って、作れないかなって考えている。
ハガレンは魅力的なキャラが多いし、喋り方に特徴があって、いろいろな性格のキャラが揃っているから、彼らに映画レビューとかさせたら楽しいような気がする。それに、きっと、そっちのほうが読みやすいし。

例えば、

ホークアイ中尉 「大佐、大変です!」
マスタング大佐 「騒がしいぞ、中尉。どうした!」
ホークアイ中尉 「実は20世紀少年の最終章を見ていて気がついたのですが、ベクシルというアニメに出てくる、東京を囲んでいる塀。あれは20世紀少年と同じなのではないかと・・・」
マスタング大佐 「なにー!それは確かな情報か?」
ホークアイ中尉 「いえ、まだ、詳しい情報が集まっていないので、推測の域を超えているわけではないのですが、おそらくは・・・・」
マスタング大佐 「おのれ。俺たちは騙されていたということか。」

と、まあ、こんな感じの会話形式で書きたいなって思っています。
でも、まだ、鋼の錬金術師のキャラの話し方の特徴をまだ完全に把握できているわけではないし、あと、できれば行頭に名前を書くんじゃなくて、キャラの顔の小さい絵を入れたいんだよねー。
Fireworksで、ネット上にあるキャラの絵を小さくしなくてはいけないわけで、ちょっと面倒くさいんだけど。

最終的には社会批判なども、いくつかのアニメのキャラを使ってやってみたい。
ハガレン以外にブラックラグーンのメンツも使いたいし。コラボで会話させたいし。
うーん、しかし、そのためには、アニメを何度もみて、漫画もそろえないといけないような気が・・・。
でも、金と時間がない。

スポンサーサイト
スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。