スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短い文章の日記を書いて夢を実現させよう!

今日、ツタヤの横を通ったので、ちょっとのぞいてみたら、面白そうな本を発見!
それがこれ↓

1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~
(2009/12/10)
今村暁

商品詳細を見る


タイトルが気になったので、ぱらぱらっと読んでみた。最初は買おうと思ったが、ちょっと高い。正直、買って読むほどの価値があるかどうかは疑問。買う価値があると思う人も要るだろうし、立ち読みで十分と思う人もいるかもしれない。実際、1時間か2時間ぐらいで読めちゃいそうな本だと思う。飛ばし読みだったら30分もかからないかも。まあ、そういうことなので、買ったほうがいいとすすめることは出来ないし、実際、私も全部読んだわけではない。ただ、この本が紹介している一分間の日記というアイデアはいい感じだと思う。

ということで、そこだけ紹介したい。一分間の日記といっても、完全に一分で終わるというわけじゃないんだけど、ノートの一ページまるまるを一日分に使って、そこに5項目を書き込むことをすすめている。5項目というのは

1.夢や目標(長期的)
2.やりたいこと(短期的)
3.今日の出来事
4.感謝
5.その日に学んだことや覚えておきたい言葉など

だそうだ。
で、一番と二番の項目は朝、残りの項目は夜、一文とかのすごく短い文章で書き込んでいく。書くことによって自分のやりたいこととかを意識に上らせて気分を高めていくことが大事なのだから、別に上手い文章をながながと書いていく必要はない。この本の一番のテーマはこの一点だ。もちろん、それだけだと一冊の本にはならないので、これらの項目を実際にどのように書いていくのか、どうやって気分を盛り上げていくのかみたいなことが書かれているようだたった。ほとんど読んでいないので、詳しくは言えない。見た感じ、いろいろ興味深いことが書かれているようだったけど。。。

それでもやっぱり私が面白いと思ったのは短い日記を書くことをすすめている点だ。手帳の書き方とかの本は何冊か読んできただが、夢の実現のために日記を書くというアイデアを、私は今まで考えたことがなかった。わたし的には、日記は自分の思い出を残しておくためのものだと思っていたからだ。ある程度長い文章で今日の出来事や今日感じたことを書くのが日記だと思っていた。

しかし、よく考えてみたら、今、自分が何を求めているのか、何がしたいのか、そして、今日何をして、何を学んで、何に感謝したのかということは、すべて日記に書く題材だ。そして、自分のための日記だから、別に綺麗な字できれいな文章を長々と書く必要はない。短い文章で書いていけばいい。そのようなことを教えてくれただけで、この本と今日出会えたことに感謝したい。ちゃんと読んでいないから、ほとんど自分流にアレンジしていくだろうが、私も短い文章の日記をいろいろと試していきたいと思う。皆さんも、もし興味がわいたら、ぜひこの本を本屋さんでチェックしてみてください。



応援よろしくおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。