スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒロポンちゃん

オタク研究家の岡田斗司夫さんが書いているオタク学入門という本がある。笑いを交えながら、オタクの心みたいなのを熱く語ってくれている。知らないことばかりで、とてもためになる。

他の本を読んでいる合間に読む程度なので、まだ読み終えていないのだが、今まで読んだなかで、どうしても言っておきたいことができた。それは、現代アーティストの村上隆という人の作品「ヒロポンちゃん」に関する記述である。

ヒロポンちゃんを考案した村上氏が、この作品について岡田さんに次のように尋ねたという。
「オタクの王様として、遠慮のない意見を聞かせてください」
これに対し、岡田さんは次のように答えたという。
「こりゃブッサイクですね~どれぐらい不細工かというと、まるで85年あたりに不動産屋が『いっちょ映像業界にでも進出するかぁ。まずアニメでも作るべ』とかいって、スカみたいなスタッフ集めて適当にでっち上げて発売したはいいけど、300本しか売れなかったアニメのキャラクターみたいにブッサイクです」と答えたそうだ。(オタク学:191-192ページから引用)

岡田さんの言いたいことはオタクうけするためには、オタクの文脈を知っておかなくてはいけないということだ。見よう見まねで作り出したキャラなどはダメで、オタクの世界に精通し、どのようなものが好まれてきたかということを熟知しておかないといけないらしい。


うーん。


奥が深い。


と、思いながら、それでは、このヒロポンちゃんとはどのようなキャラクターなのかネットで調べてみた。


それが、どん!


ヒロポンちゃん


はい?


なんですか、これは?


なんでも岡田さんの解説では
「巨大なオッパイの女の子が、自分の乳首から飛び出る母乳でナワトビをしている」のだそうだ。

なぜ巨乳?なぜ縄跳び?と思うかもしれない。

しかし、常識で考えれば、巨乳は理解できると思う。少なくとも男なら理解できるはずだ。私はそう信じたい。先人の知恵を借りるならば、大は小を兼ねるといったところか。ここまで、でかいのはさすがに俺の理解を超えてはいるが、俺も男だ。そういうロマンはあってもいいと思う。

そして巨乳といったら縄跳びと相場は決まっているはずだ。巨乳は揺らすためにあるのだから。


飛ばない豚が、ただの豚のように、揺らさない巨乳は、ただの乳さ。


しかし・・・


なぜ縄跳びの縄が母乳なんだよ!?


はっきし言おう。


オタクうんぬんの前に、これ、どっか違うだろ!


素人目に見ても、センスなさすぎ。芸術の世界はまったくわからん俺が偉そうなことは言えるわけでもないのだが。。。
とにかく、ちょっとびっくりしたので今回ネタに使わせてもらった。下品なネタでごめんなさい。

あ、でも岡田さんの「オタク学入門」は本当に面白いのでおすすめです(いまさらこの有名な本の宣伝をする意味はまったくないのだが)。ついでに『東大オタク学講座』というサイトもありました。まだ読んでないけど、ぱっと見た感じでは、ちょっと硬めの文章みたいです。でも目次見たら、いろいろなトピックで相当おもしろそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。