スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年前のテレビドラマを見た

ここ2日間ぐらい『GTO』というテレビドラマを見た。これはもともと漫画が原作だ。反町隆史と松嶋菜々子が出演するドラマは1998年に作られて、視聴率は結構高かったんじゃないかと思う。俺は原作の漫画が好きだったので、当時このドラマも見ていた。でも、ほとんど忘れてしまっていたようで、今回見たら、新しいドラマを見ているようで、結構楽しめた。今、見てもよく出来ていると思う。90年代後半とかのドラマなのに、今の高校生(スカートの丈とかも)とほとんど同じに見えてしまう。少なくとも俺から見たら同じに見えてしまった。もし俺がこのドラマを見ていなくて、今年作ったドラマだと言って見せられたら、俺なんかおそらく信じてしまったと思う。そのぐらい今のドラマと変わらないつくりだ。なんでこんなことに驚いているのかというと、90年代前半に作られた「世にも奇妙な物語」とかを見ていると、例えば女優さんの眉毛が太かったり、携帯電話が滅茶苦茶大きかったり、コンピュータなんかもすごい古いものを使っていたりと、結構時代を感じさせられる。80年代の松田聖子の髪型だとか、70年代のビートルズみたいな髪型とかを見せられると、それだけで時代を感じてしまうのだが、90年代前半も十分時代を感じさせるつくりになっていると思う。でも、90年代後半のドラマとかは今とあまり変わらないし、2000年ごろに作られた俺の好きなテレビドラマの『やまとなでしこ』とかも、この前見た感じでは、今見ても全然通用するようなドラマだったような気がした。そこらへんが結構不思議だった。90年代後半からの、この10年あまり、時代的には大きく変わってきているはずなのに、社会現象とかに大きな変化がなかったのだろうか?それとも大きな流行の流れというものがなかっただけなのだろうか?それとも俺がただ単に流行に追いついていないだけなのだろうか?よくわからないが、ちょっと不思議な気持ちになりながら、GTOのドラマを見ていた。

ただ一つだけ面白かったというか時代の変化を感じさせられたのはコンピュータが出てくるシーンでだ。松嶋奈々子が同僚の教師にコンピュータの使い方を聞くシーンがある。ドラマの設定では松嶋奈々子は20代前半の新米教師であり、コンピュータの使い方といっても、難しいことを聞いていたわけではなくて、単に生徒の簡単なデータ整理に同僚の教師がエクセルのようなソフトを使っていたので、その使い方を聞いただけだ。今だったら中学生とか高校生でも出来てしまうソフトの使い方の話をしているのだが、松嶋奈々子が目を真ん丸くして驚いているシーンを見ていると、当時は20代前半の若者でもコンピュータを使いこなせているわけではなかったということを思い出させられた。たしか90年代後半はまだ一部の人たちがコンピュータを持っている程度だったし、インターネットも電話回線が主流でパソコン通信なども残っていたような気がする。そのようなことを考えると、この10年で、すごい変化があったんだなと、ちょっと驚いてしまった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

10年単位って結構いろんなことが変わってたりしますね。

コメントありがとうございます

abe天国さん、コメントありがとうございます。
そうですね。10年たつとやっぱりいろいろな事が変わっていると思います。特にコンピュータとかインターネットとかデジカメとか、そこらへんは本当に変わりましたよね。昔はメールなども持っていなかったし。。。

高校とか大学の頃は10年というとすごい昔って感じなのに、この歳になってしまうと10年前がついこの間のような気がしてしまいます。2000年と2005年が重なって見えてしまう(汗)。。。そこらへんを考えると少しつらいです(笑)

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。