スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

my日本というSNSがあります

最近民主党の横暴がひどくなってきたように思う。特に子ども手当や高校無償化の強行採決はひどいの一言だと思う。それを問題にしない新聞やテレビにも問題があると思います。民主主義とは国民主権が基本ですが、それは国民がすべての情報を得て、その情報にしたがって政治家の資質を評価し、その評価を民意として選挙によって表すことで、政治家に圧力をかけ、政治家に国民のために働いて貰うということなのだと思う。

よく民主主義は最高の制度だと勘違いしている人がいるのだが、それは違うと思う。君主とかの方がよっぽど国民を見ていた。その理由は、国民がそっぽを向いてしまったり、叛旗を翻したりしたりすることを君主は怖れている。だから、なるべく国民が不満を抱かないようにしなくてはいけない。『三国志』というゲームみたいなもんだ。君主制では君主がすべての責任を負う。国民は不満のはけ口を君主に求めることができる。だから君主も簡単に暴君になれるわけではないと思う。むしろ民主主義の首長の方が問題だ。なぜなら民主党のような横暴をされても、首相を変えたらすべてが終わるというわけではないからだ。首相を入れ替えても、民主主義の制度は残ってしまう。さらに首相にしても、君主制のようなプレッシャーを感じていないのではないだろうか?命に関わるようなプレッシャーを感じていないから、国民の方を向こうともしない。国が滅んでも、自分たちの家の財産が残ればいいぐらいにしか思っていない。根本的に首長としての責任と義務を放棄しているのである。これは民主党が変だとか、鳩山首相が変だという理由ではない。むしろ、そのような横暴が許されてしまう状態がいけないのだと思う。なぜ横暴が許されるかというと、国民が怒らないからだ。そして、それは情報がちゃんと伝えられていないため、国民は怒りを覚えないのである。そのようなわけで、もし日本で民主主義が崩壊してしまい、小沢民主党が独裁政治でも始めるとしたら、それは小沢さんのせいというよりも、新聞やテレビが正しい情報を国民に知らせなかったのが原因だと思う。そして、そのような情報操作は現に起こっているように思うのだ。幸いな事にネット空間ではそのような変更報道に対しての問題提起が成されている。しかし、情報は散乱しており、そのすべてを個人が把握することは困難である。そこで現れたのがSNSだ。my日本というSNSでは、日本が好きな人たちが集まり様々な情報を発信しながら共有していく。個人個人は小さな力しかないが、多くの人が集まればネット空間とはとてつもなく強力な場を形成するだろう。それは政治家にプレッシャーを与えることに繋がっていき、最終的には本当の意味で民主国家を実現することができると思うのだ。そのためにも、my日本に多くの日本人が参加し情報を共有することが求められている。興味のある人はぜひ参加してください。

「my日本 日本に誇りを持つ仲間たちのネットワーク」
http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_h_home


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。