スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッター文学の可能性

ライトノベル、ケータイ小説ときて、今度はツイッター小説だという。

日本初!twitter(ツイッター)小説『twitter小説集 140字の物語』11月5日刊行!(株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン)

ネット文化や大衆文化が絡んだ小説ということで、文学の世界からどの程度の評価がなされるのかは、まだわからない。

気になるのは、文章のレベルであろう?
ケータイ小説では文学的な表現などを排した、ある意味、稚拙と言われるような文章が好まれた。あまり文学的な表現ではなく、直接的な表現が好まれたようである。
ツイッター小説でもそのような方向にいくのであろうか?140字で表現するツイッターでは、確かに表現方法は限られてくる。
直接的な表現のみの小説になる可能性は高い。

しかし、もう一つの方向にいく可能性もあるのではないだろうか。
禅の影響もあって、無駄を省いた美というものが日本では好まれてきた。
水墨画がそうだし、俳句などがそうである。
ぎりぎりまで無駄を排した表現。そこから生じる多義的な解釈。
ツイッター小説には、そのような可能性も、まだ残されているような気がする。

もちろん、小説にこだわる必要はない。
すでにツイッターと連歌の親和性に気がついて、その方向を模索している人たちがいるようだ。
日本では、連歌や俳句といったものがツイッターによってもっと身近になっていくかもしれない。
そこから新しい大衆文化が生まれるかもしれない。
連歌や俳句は確かに日本語と密接にかかわっているかもしれないが、もしかしたら他の言語においても同じような試みがなされるかもしれない。連歌遊びなどは、もし可能であるならば、他の国においても興味深いものになっていくような気がする。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。