スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳の市に行ってきた

 昨日の続きを書こうと思っていたのだが、今日は家の近くで歳の市が開かれたので、お袋と兄貴家族と行ってきた。というか、兄貴の家の前で市が開かれているんだけど。。。

 俺が子供の頃は、商工会青年部の人が出店っぽいのを出したり、たこ焼きや金魚すくいなどのテキヤさんの出店も来たりして、もっとにぎやかだったのだが、どんどん店が減ってきてしまい、今ではお飾りのお店4件程度になってしまった。相当寂しい。買う人もあまりいないようだし。。。なんか、お飾りとかも西友とかで買っちゃって人が増えているのかなって思う。もし、そうなら、なんだかなーって感じ。安ければいいというもんでもあるまいに。。。やっぱり伝統とか宗教心とかって大事だと思うんだよね。俺のお袋は、「縁起物だから安いものは買えない」とか言いながらお飾りを買っていたけど、その言葉の中に、非合理的だけど人間社会にとってお金などよりももっと大事な何かがあるような気がした。拝金主義が蔓延し、すべての価値を金でしかはかれなくなってしまっている人が増えてきているが、そういう拝金思想から社会を守るためには、やはり伝統文化を守っていくことが必要なんじゃないかなって思う。ということで、今日はシャーマンの話ではなく、歳の市の様子をちょっと紹介。カメラを向けられなかったのでiPhoneで写真を撮った。ちょっと暗かったし、急いで撮ったので、ピンボケ+画質悪くてすいません。












切火を切ってくれているところ。

兄貴がだるまさん買って、お袋がお飾り買ったのだが、どっちも買ったらちゃんと切火を切ってくれた。ちょっと感動。あと異人論などもちょっと脳裏をかすめた。昔の人たちは市の人達を神聖視していたんだろうなー。まあ、いろいろと興味深い。こういう伝統は残していったほうがいいと思うから、お店の人たちは大変だろうけど、この先もずっと歳の市を開いていって欲しいものです。


応援よろしくおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。