スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣

昨日、用があって東京に行ったので、帰りに明治神宮によってきた。
明治神宮に行くのは初めて。というか、代々木にあったなんて知らなかった。
意味もなく感動した。
で、まったく面白みに欠けるけど、いつものごとく、iPhoneで撮った写真。ピンボケでごめんなさい。













 すごい人の量だったけど、並んでいたのは30分ぐらいだったかなー。身動き取れないというほどの込み具合ではなかった。俺のおばさんとお袋が、隙間をぬってどんどん前に行けてしまうぐらい、ある程度余裕がある状態だった。というか、横入りするお袋たちを見ているのが恥ずかしかった。皆さんごめんなさい。。。

 それにしても、いろいろ面白かったんだよねー。特に、おみくじ売っている巫女さんもどきに茶髪っぽい娘がいて笑えた。いいのか、茶髪で?みたいな感じになった。まあ、日本人は黒髪で無ければいけないというのも、ある意味本質主義だし、黒髪に固執する必要はないのかもしれないが。。。昔、台湾の国際会議に出席したとき、台湾の伝統芸能を見る機会があったんだけど、その踊り子が茶髪で笑えたんだよね。俺的には、だから、今回の茶髪の巫女さんは、そのときぐらい、衝撃を受けたかなー(笑)。

 昨日はそんな感じで明治神宮に行ってきたんだけど、時間があったので、今日は近くの神社に行ってきた。いつもはあまり人がいない神社なんだけど、今日は人が沢山いて驚いた。

 で、昨日と今日、初詣をしてきて感じたのは、日本ってつくづく面白い国だなーということだ。よく日本人は無宗教だけど正月には初詣に行って、お盆にはお寺に行くぐらい、宗教が身近にあるというような意見を聞く。そのような意見に反対するつもりはない。俺も日本人って全然無宗教な国民ではなく、むしろ日常的に宗教と隣り合わせで生きている国民だと思っている。例えば、何でも無い普通の日に神社にいると、外回りの会社員の人やリクルート姿の若者などが、街中の神社にぶらっときて、お辞儀をして去っていく姿をよく見かける。通り道で寄っただけなのだろうが、そういうのを見ていると、日本人って結構宗教心強いんだろうなって思う。少なくとも人智を超えた何かを信じているのは確かだと思う。だから日本人が宗教を身近に感じているという考えには俺も賛成だ。

 しかし、昨日と今日初詣に来ている人たちを見ていると、初詣に関して言えば、どうも宗教心が強くて参拝に来ている人達ばかりではないような気がした。特に若者たちのことになるが、彼らを見ていると、なんとなく初詣を一種のイベントとして楽しんでいるように見えるのだ。初詣の本来の目的はあまり興味がなく、そこに行くという行為、もっと言えば初詣というのは単なるネタで、友達と遊ぶことや恋人とデートをするのが本当の目的になっているように見える。ここらへん、なんとなく、鈴木謙介氏が提唱する「わたしたち消費」というものに通じているように思う。

 鈴木氏によると、最近の消費行動で面白いのは、そのモノ自体が欲しいのではなくて、コミュニケーションのネタとして購入することがあるということだ。これをネタ的コミュニケーションと呼んでいるのだが、最近の初詣は、それに似ているのではないかと感じた。だって神様にお願いしたり、おみくじを引いたり、お守り買ったりするのが主目的ではなくて、むしろ友人や恋人とコミュニケーションをとることが目的っぽいんだから。そこらへんが、少し面白い現象じゃないかなと感じた正月だった。



応援よろしくおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。