スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Instagram、ツイッター、フェイスブック (前編)

iPhoneを使っている人は知っていると思うのだが、iPhoneアプリはアップデートが結構頻繁に行われる。だから何も考えずにアプリをどんどんダウンロードした人は、毎日相当数の更新情報がくるはずだ。で、その更新情報の全てを把握出来ている暇人などあまりいないと思う。とりあえず更新マークが出たら一括更新ボタンを押してすべて更新しちゃうんじゃないだろうか。私とかはそもそもダウンロードしたことすら覚えていないアプリが結構ある。責任転嫁はあまり好きではないが、こればっかりは私だけの責任ではないと思う。まず責められるべきはフォルダ機能だと思う。

去年まではiPhoneにはフォルダ機能というものが存在していなかった。だから9ページかそこいらのなかにアプリをすべて並べておかないといけなかった。一ページに16個のアプリが入るから、全部で150くらいのアプリということになる。150個というと結構な量に聞こえるが、実際にはiPhoneを買ったばかりのやんちゃ坊主はアプリを毎日のようにダウンロードするもんだから1ヶ月か2ヶ月もするといっぱいいっぱいになってしまう。もう一つの問題点は、アプリの配置問題だ。アプリを使うときは通常アプリが並べてあるページにいかないといけない。後ろの方のページまでページを繰っていくのは結構しんどいから、よく使うアプリを最初の方のページに並べて、あまり使わないアプリは後ろの方に並べていた。何をダウンロードして、何をどこにおくかというのが、iPhoneユーザーの腕の見せ所だったのだ。雑誌とかにも、有名人のiPhoneにはこのようなアプリがこういう順番に並んでいるとか特集が組まれたりしていたほどだ。アプリの選択を通して世界でひとつだけの自分のiPhoneを作り出せていたのだ。だから結構気合が入っていた。

それが、iOS4になって、念願のフォルダが出来て、必要なアプリが最初の数頁にすべて置けちゃうようになって、結局、3ページ以降はあってもなくてもいい物置と化してしまった。だから最後のページにあるフォルダの中に放置している無料アプリなんて思い出せるはずもない。そういうことで、アプリの更新画面でこんなアプリ持っていたんだというような奇妙な再発見をすることもしばしばだった。と、また前置きがすごく長くなってしまったのだが、そういうことで、Instagramも何度か更新されていたのは、知っていたのだが、最近はほとんど触っていなかった。まあInstagramは前に少しはまっていた時期もあったので、アプリの存在を忘れたことはなかったのだが、開けるのも面倒になっていたのだ。それが、昨日半年ぶりぐらいにアプリを開いて使ってみたら、結構機能が充実していて驚いた。そういうことで、今日はInstagramの話をちょっとしてみたい。この前、2回にわたって書いていた分類の話はどうしたという人もいるかもしれないが、至極ごもっともなご意見です。すいません。別に忘れた訳ではないので、近いうちに分類の話も書きたいと思っているのですが、もう少し待ってください。。。というか、あんな話を楽しみにして下さっている人がいるかどうかも定かではないのだが。。。まあ、勝手にいると仮定して脳内妄想をたくましくしながら生きていこう。

さて、いつまでもだらだらと前置きを書いていても仕方ないので、Instagramの話に入りたい。このアプリについては前に何度かエントリーを書いたのだが(関連エントリーへのリンクは文章の最後に載せておきます)、簡単にいうとInstagramは写真共有のiPhoneアプリだ。写真共有といえばFlickrとかが有名だが、Instagramはスマートフォンに特化している点が特徴だ。スマホで写真が撮れて、それを簡単に加工して、そのままアップできるというお手軽さがInstagramの一番の特徴なのだ。で、今回更新された内容を見てみると、結構いろいろな部分が改善されていることに気がつく。例えば写真の一部分だけにピントを合わせ、他の部分はぼかす、tilt-shiftという機能や、Likeボタンを押した写真も見ることができるようになったこと。また、自分の写真をツイッターやフェイスブックなどいくつかのSNSにいつでもアップできるようになったことなのだ(以前はInstagramに写真をアップしたあとはSNSに写真をアップできなかった)。他にも改善された部分があるのかもしれないが、とりあえず目立った改善点はこのあたりだと思う。実際、だいぶ使いやすくなった印象をうける。ただ残念なことに、まだリツイート機能がない。だから、Instagramの世界はどことなくフェイスブックのような身内だけの閉じた世界で写真を楽しんでいるような気分になってしまう。ツイッターのように世界に開けているという実感がわかないような気がする。
ツイッターとフェイスブックはSNSとひとくくりにされることがある。ビジネスの世界では2009年から2010年の夏ぐらいまではツイッターがもてはやされていたが、2010年の冬ぐらいからフェイスブックが騒がれ出した気がする。だから、ツイッターとフェイスブックが同じようなものだと勘違いしている人もいるかもしれないが、実はまったく異なるコンセプトで発達してきたような気がする。どういうことかというと、ツイッターは自分の意見や作品を一方的に提示する傾向が強いのに対して、フェイスブックは相手との対話を重視しているような気がするのだ。もちろん厳密に分けられるわけではない。しかし、ツイッターはブログの流れを組んでいるのに対し、フェイスブックはミクシィに近い存在なのではないかと思う。

ツイッターはゆるい人間関係のSNSと言われるように、フォローのされ方が極めてゆるい。有名人や気になるつぶやきをしている人がいたら、誰でも簡単にフォローできる。フォローする相手の承認を得る必要がないのだ。だから気になったらどんどんフォローしていけばいい。ただフォローしたからといって相手にフォローしてもらえるとは限らない。フォローすることとフォローされることはまったく別の話なのだ。フォロー返しが礼儀だと勘違いしている人も多いが、基本的にはフォローしてくれたからといってフォローのお返しをする義理もなければ、むしろしない方が礼儀だと思う。ツイッターは友達ゴッコをする場所ではないからだ。むしろ情報の交換が前提になっていると思う。

以前のエントリーで、私はツイッターのつぶやきは3種類に分類できると述べた。一つ目は自分の意見や感想、また俳句・ツイッター小説などの芸術作品など、自分のオリジナルの作品。2つ目は有益情報。例えば新聞記事や近所のスーパーの安売り情報、気になる本や、便利なグッズ、生活術など多くの人に教えてあげたら喜ばれるような情報だ。3つ目は有益な情報ではなくて、ただのひとりごとのようなつぶやき。誰かが知りたい情報というわけではないが、そのような言葉のやりとりで人間関係がうまくいくような言葉だ。例えば「おはよう」や「おやすみ」の挨拶。今何をしているか、これから何をするかといったつぶやきなどだ。ツイッターで流れているつぶやきはこの3種類に大別できると思う。(すいません。文章が終わりませんでした。なので、誠に勝手ながら続く)
続きはこちら


関連エントリー
Instagramで遊んでみる
Instagramを考える
Instagramを考える2
Instagramを考える3 Instagramとツイッター
Instagram、ツイッター、フェイスブック (後編)


応援よろしくおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。