スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベクシル 2077日本鎖国」を見てしまった

去年の冬から、あるDVDが気になっていた。
Wal-Martに行く度に見かけて、何度も手にとった。
日本製のアニメっぽく見えたが、もしかしたらアメリカ製か?というような絵だった。
あらすじを読んで、面白そうだったから、買いたかったのだが、10ドルちょいだったので、ちょっと高いかなと思い、やめていた。

先日、ツタヤでそのアニメを偶然見つけてしまった。
「ベクシル 2077日本鎖国」という題名だった。
レンタルだったら、損はしないだろうと思い、ちょっと借りてみた。

とりあえず、知らない人のために、あらすじを紹介しておきたい。文章を書くのも面倒なのでウィキの文章を勝手に引用させてもらおう。

21世紀初頭。人類に延命効果をもたらしたバイオテクノロジーとロボット産業が急速に発展を遂げたことにより、日本は市場を独占し世界を大きくリードした。しかし様々な危険性が指摘されるようになると、国連はこれらの技術を厳格に規制することを求めた。日本はその要求に従うどころか、反旗を翻して我が道を行く決定を下したのだった。
その決断とは日本を鎖国することだった。
2067年に、日本はハイテク技術を駆使した完全なる鎖国をスタートすることになった。その後日本の情勢は秘密のベールに包まれ、外国人は立ち入ることができなくなった。そして10年が経過した2077年。米国特殊部隊"SWORD"所属の女性兵士ベクシルは、日本への潜入作戦を実行する。しかしそこでベクシルが目にしたのは、想像を絶する光景であった。延々と続く荒涼たる地…これがハイテク技術の末に辿り着いた、真の日本の姿なのだろうか?
(ウィキペディア)



まあ、こんな感じで、結構、面白そうだったのだが。。。
CGはよく出来ていたと思う。CGアニメ嫌いの俺が見ても、絵は凄くきれいだった。
ただ、多くの人がすでに指摘しているように、ストーリーは最悪だった。
というか、ストーリーがまったくない。
陳腐もいいとこかね。
そういうことで、レンタル料金すら、もったいなかったのではないかと思えるほどの映画だった。

ただ人類学者としては、なかなか興味深い映画ではあるのも確かだ。
なぜなら、映画の設定が

主人公はアメリカ人。
日本人の準ヒロインの名前はなぜかマリア
マリアの彼氏は、アメリカ人。
日本が悪者で、最後には日本も日本人も滅亡しただけ。

普通に見たらありえない設定でしょ。
映画ってのはナショナリズムとかと深くかかわっているから、、ヒロインの相手役の男は普通その国の男ってのが普通だと思う。
ハリウッドでも、ヒロインが白人のときは、相手役はほとんど必ず白人男性である。
逆にヒロインはセックスシンボルとしてしか扱われないから、どこの国の女性でもいい。
セックスシンボルなんてふざけてると腹がたつ人も多いだろうけど、ハリウッドも日本のテレビもそういうノリなのだから、文句がある人はそっちに怒って欲しい。007のジェームスボンドなんて、酷いもんでしょ。

まあ、そういうわけで、日本の映画で、日本人のヒロインがアメリカ人とくっついているという設定はある意味、不思議。
アメリカ人とかが作ったというのなら、まだ納得できる。
しかし、なぜ日本人が、こういう映画を作れるのか?
この映画の製作者のメンタリティーとはいかなるものか?
ということに、人類学者として興味をそそられるわけです。

まあ、一言でいったら、白人崇拝から抜けきれてなくて、植民地根性丸出しで、白人相手にへらへらしているポン引きの兄ちゃんと同レベルかなで終わりなんだけど(笑)
ただね、どういう思想・信条を持っていて、どんな仕事をしてもいいわけだし、こういうことして国際人になった気に勝手になるのもいいのだけれど、日本は悪者みたいな映画を作って、他の日本人を巻き込むなっつーの。
なぜ日本が悪者にならないといけなかったかが、いまいちよくわからない。
純粋なSFファンタジーにして、架空の国を出すとか、いろいろ方法はあっただろうに。

そういえば、この映画を反日映画だって言っている人までいるようだ。
確かに一理ある。
というか、この映画の会話を聞いていると、微妙に違和感を感じるんだよね。
日本人といわずに日本民族とか、民族なんていう単語を使うとこなんて、なんか不自然。
「我々、日本民族は・・・」とか言わないだろ、普通(笑)。
まあ、でも、さすがにTBSが絡んでいるからって反日映画っていうのは考えすぎだとは思う。
(俺は反日映画といわれても、すんなり受け入れられそうなのだが、今回は反日映画ではないと考えてあげよう)
反日というよりも、アメリカで売れるようにアメリカ人好みのストーリーにしたってあたりが真相に近いのかもしれない。それか、語学留学生とかに、たまにいるタイプだが、純粋にアメリカが大好きで、自分が日本人であることをわすれて、アメリカ人になっちゃいましたパターンか・・・。
いずれにせよ、日本人から見たら、あまり気分はよくない。

まあ、結論を言えば、くだらないCGアニメなので、見る価値なしかな。
でも、こういう映画を作っちゃう人が現れて、大騒ぎにならず、しかも「この映画は文明批判の映画です」とか意味不明な評価を与えちゃう新聞社(←朝日新聞ね)とかが存在する日本という国って本当に不思議。というか、ちょっと悲しい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。