スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『科学とオカルト』をなぜ読んでいる?

『写真美術館にようこそ』が読み終わったし、これで、この前、ブックオフで、なけなしの400円で購入してしまった、『ゲーム論的リアリズムの誕生』を、とうとう読むときが来た!
と思っていたのに、

なぜだー!!!

なぜ俺は『科学とオカルト』なんて読み始めているんだーーーーー!!!
ということで、自分でもよくわからないが、おととい、ブックオフで衝動買いしてしまった100円本を読み始めてしまった。でも、この本との出会いも運命だったんだよ。だって、この著者が書いている『分類という思想』という本を、数年前に読んで以来、この著者のファンになってたから。ということで、この本も面白いだろうということで、ぱらぱらっと見てみたら、「錬金術」という単語が目に入ってきて、それだけで、はい、100円本一名様、読みたい本リストに追加ーとなったわけ。

ということで、今日は第一章と第二章を読んでいたのだが、やっぱ面白かった。
錬金術とギリシャ自然哲学が科学とどう違うのか?ということが書いてあった。
どこが違うか知ってますか?
本当は、そこらへんを紹介したかったのだが、今は、ちょっと眠いので、また今度。今すぐ知りたい人は、この本を読んでみてください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kemmaarch

Author:kemmaarch
右よりの内容ですが、もう一つブログを書いています。右よりの話でも大丈夫な人や日本が好きな人はいちど覗いてみてください。
保守主義のすすめ

私は、保守主義のコミュニタリアンです。文化相対主義を追求するなら、すべての文化を尊重する保守主義しかないと信じています。ただリベラルと保守はある程度両立する概念だと思っているので、基本的にはリベラルでもあります。なので、自分としては中道右派ぐらいのつもりです。日本が好きです。時々右よりの発言をします。でも危ない人間ではありません。構造主義が好きなのですが、ポストモダンも好きです。あとマルクスも好きです。

専門は考古学です。地理情報システム(GIS)や統計学、空間分析、文化人類学(特に宗教人類学と経済人類学)、社会思想、進化考古学、景観考古学、人文地理学、数理生物、行動生態学などを勉強してきました。CRMや少数民族の文化復興運動についてもいろいろと考えています。最近はサブカルチャー特にオタク文化に興味があります。経済学は大の苦手です。

本や映画の感想はアマゾン・レビューにも書いています。ぜひ遊びに来てください。
アマゾン・レビュー
はてなブックマーク

ツイッター(Kemmaarch)
検索フォーム
ブログ・ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。